おなか元気園の取り組み

おなか元気園の取り組みおなか元気園のおいしい野菜の秘密は、無農薬・無化学肥料・無除草剤で生命力豊かな土へのこだわり!
そんな、土作りから、野菜の植え付け、収穫までの農園の様子を紹介します。

そして、おなか元気園の元気野菜くん達は、大きいのやら小さめのものがあって不揃い。
これも自然のまま!色んな個性があって当たり前!
無理に矯正するもんじゃないですよね。



おなか元気園の取り組み

『無農薬・無化学肥料・無除草剤で生命力豊かな土作り~おなか元気野菜ができるまで』
耕作放棄地復元までの、おなか元気園のあゆみです。

荒廃した耕作放棄地(こうさくほうきち)を整備

土を耕す

人の背丈より高い雑草が伸び放題だった、久留米市北野町巣栖地区の耕作放棄地。
まずは、畑として復活できるように、機械を使って草を刈っていきました。
トラクターからみた雑草くんたちの勢いは、かなり壮絶!!・・・スタッフ皆で頑張りました。

土を耕す

土を耕す

おいしい元気野菜のための元気な土壌作り開始です!!

生ゴミをまぜる

土を耕す

代表 白仁田自ら率先して、お店からでた生ゴミを畑に投入しています。
これが若くはない体に、けっこう重労働!こたえます。(笑)
ですが、かわいい「菌ちゃん」誕生を思うと不思議と、頑張れるんです。

シートをかける

土を耕す

生ゴミを混ぜ込み、シートをかぶせます。

生ゴミを混ぜて、1週間。「菌ちゃん」たちが活発に動き出し白くなってきます。

1週間

1週間もすると「菌ちゃん」たちが活発に動き出し白くなってきます。
「菌ちゃん」と「土くん」との出会いは、わくわくしますね^^

かれ草を有効活用でCO2も削減!

CO2も削減

枯れ草も、おなか元気園の「土くん」達にとっては、とっても大事な栄養源になります。
今までは燃やしていた筑後川の枯れ草を有効活用することで、Co2削減にもなるのです。
地元久留米の筑後川の恵みを活用することで、おなか元気園の「土くん」たちが喜ぶことはもちろん、Co2削減で、「地球くん」も喜んでくれてるかな^^・・・

生ゴミを混ぜて2週間で生ごみは消えています

2週間

草刈りをしながら、「菌ちゃん」たちをも見守っていきます。
この「草くん」たちも当然土の栄養になってくれます。
生ゴミを混ぜて2週間で「菌ちゃん」の活躍で、生ごみは消えています。

野菜を作付けする

野菜を作付けする

無農薬・無化学肥料・無除草剤で生命力豊かな土ができあがりました!
いよいよおいしい元気野菜の作付けです。どんな野菜くんたちが育つかな。楽しみ~

草むしり

野菜を作付けする

除草剤などは一切使わない為、「草くん」たちもとっても元気に育ちます。(笑)
そこで、「野菜くん」たちに日光が当たりやすいように草むしり!これが、かなりの大仕事です。
摘んだ「草くん」は当然土の栄養になってくれます。

おなか元気野菜は生命力が違う

土を耕す

大きいのやら小さめのものやら不揃いの野菜くんたち。
見た目は不細工でも、根のしっかり張った元気な野菜くんたちの味は抜群です。
小さな子どもも生のままがぶり!野菜なのに、甘くておいし~い!

おなか元気園の様子を更新しています。

土を耕す

などなど、
おなか元気園の様子を更新していますので、ご覧ください。

おなか元気園で収穫された元気野菜

土を耕すおなか元気園で収穫されたおなか元気野菜は、
おなか元気れすとらん「ほとめき庵」(道の駅くるめ内)
おなか元気居酒屋「まんまる」
で販売しております。



おなか元気グループの取り組み
  • 白仁田裕二フェイスブック
  • 土リサイクル
  • 畑の様子
  • 畑の様子随時更新
  • メンバー紹介
  • 保育園へ納品
  • 自然の恵
  • ほとめき案
  • まんまる
  • おなか元気加工食品
  • 仲間
  • 講演について
  • 日新塾
  • お問い合わせ
セフレを探す