おなか元気グループ取り組みへの思い

私たちにとっての経世済民(世のため人のため)活動

おなか元気園の取り組みそれは、『生ゴミリサイクル元気野菜作り』です。

私たちは、2005年から、『生ゴミリサイクル元気野菜作り』に取り組んでいます。

そして、この『生ゴミリサイクル元気野菜作り』に取り組み始めた動機は二つあります。

この二つの動機が、おなか元気ぐるーぷの経世済民活動の基本となっています。

*経世済民・・・実は、「経済」という言葉はここからきています。

『生ゴミリサイクル元気野菜作り』に取り組み始めた動機 その1

一つは、20年ほど前になりますが、久留米市ではごみの最終処分場建設で地元住民と行政が大きく衝突していました。

実力行使しようとする行政に対して地元住民は激しく抵抗しました。

結局、最終処分場は出来上がるのですが、
「本当の当事者は、私たちごみを出している市民ではないか。飲食店経営をしている自分が真の当事者ではないか」
との思い、申し訳なさがずっと心の中に芽生えていました。

『生ゴミリサイクル元気野菜作り』に取り組み始めた動機 その2

もう一つは、「経営人間学」という経営哲学の勉強会との出逢いでした。

その経営哲学の四番目、「経営とは、最も醜い力を最も美しい価値に転換させることである」というものがあります。

この『生ゴミリサイクル元気野菜作り』はまさしく、
「醜いものを価値にしていく取り組みであり、私たちがこの久留米の地で飲食業を営ませて頂いている意味を見出せる取り組みである」と確信しました。

私自身も農家の長男に生まれ、縁あって久留米で飲食業を創業したことも一気に繋がりました。

おなか元気園の取り組みそういうわけで、
今年で『生ゴミリサイクル元気野菜作り』も7年になりますが、まだまだ事業としては厳しく、何とか飲食業で支えているのが現状です。

しかし、
私たちに出来る経世済民は、この取り組みが基本になっていると思っております。

何度も「止めようか」とスタッフとも相談しましたが、
「社長、やりましょう!!! やってください、これがわが社です」と言ってくれました。

ありがたい、本当にありがたいスタッフに守られて、この活動は続けていけています。

そして、支えて頂いているお客様、みなさま、ありがとうございます。(感謝)

経経営人間学講座 道場清規(どうじょうしんぎ)

一つ、経営とは、経世済民の高い志しを実行に移すことである。
一つ、経営とは、人間の究極の理想と目的を実業の現場で実現することである。
一つ、経営とは、人間の持つ無限に深い可能性に確信の信を置き、価値の創造に努めることである。
一つ、経営とは、最も醜い力を最も美しい価値に転換させることである。
一つ、経営とは、いかなる絶望的な境遇にあっても、その中から、常に、智恵と力と勇気を奮い起こすことである。

*一人ひとりが自分の人生の経営者である。

一人ひとりが自分自身の経世済民をみつける場として、おなか元気ぐるーぷでは、
マネジメント寺子屋「日新塾」を毎月開催しております。

日新塾について詳しくは、こちらをご覧下さい。

経営理念

白仁田 裕二

①全体を生かし、部分を活かす。

②「無知の知」を知る。

③問題は価値を生む源泉である。


  • 白仁田裕二フェイスブック
  • 土リサイクル
  • 畑の様子
  • 畑の様子随時更新
  • メンバー紹介
  • 保育園へ納品
  • 自然の恵
  • ほとめき案
  • まんまる
  • おなか元気加工食品
  • 仲間
  • 講演について
  • 日新塾
  • お問い合わせ
セフレを探す