カボチャの豆知識

 

カボチャの歴史

 

カボチャは、ウリ科に属する一年生植物です。

 

ポルトガル船が日本に来た時に、伝えられたとされています。

 

現在の日本で多く栽培されているのは、西洋かぼちゃという品種。

 

カボチャは、野菜の中でも強い部類で、栽培がしやすいと言われています。

 

ただし、日陰での栽培には向きませ ん。

 

カボチャの生産量が多い国は、主に中国など。

 

日本の九州地方では、鹿児島県や宮崎県での収穫量が多いようです。

 

●カボチャの効果効能

 

カボチャは、緑黄色野菜です。

 

ビタミンや β カロチンが豊富に含まれています。

 

β カロチンは、体内でビタミン A に変換されます。

 

ビタミン類で注目すべきなのは、ビタミン A、ビタミンE、ビタミン C です。

 

いずれも肌の健康を保つ働きがあるため、アンチエイジング効果が期待できます。また、風邪予防にも効果があります。

 

食物繊維も豊富で、便秘解消の効果も期待されます。

 

カボチャは、種にも健康成分が豊富。

 

酸化に強い油であるオレイン酸、必須脂肪酸である α-リノレン酸などが含まれています。

 

ただし、種のように固い食材は、基本的に消化が悪いです。食べ過ぎると悪影響のほうが大きくなってしまいま す。

 

食べ過ぎに注意し、一日 10 粒程度にしておくのがベターだと言えるでしょう。

  • 白仁田裕二フェイスブック
  • 土リサイクル
  • 畑の様子
  • 畑の様子随時更新
  • メンバー紹介
  • 保育園へ納品
  • 自然の恵
  • ほとめき案
  • まんまる
  • おなか元気加工食品
  • 仲間
  • 講演について
  • 日新塾
  • お問い合わせ
セフレを探す